<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2015年8月18日(火) 夏休み旅行最終日

前日とは打って変わって朝から快晴♪

ゆっくり撤収して、キャンプ場内の案内板にあった
どんぐりアルプス展望遊歩道へ行ってみることに。
トレッキングコースになってるけど、時間の関係で車でGO~

↓の看板の緑のエリアにあるパノラマ展望台からの景色は
本当に素晴らしいものでした。
ユニークな像もあります。
このあと青いエリアの展望台も行ってみましたが、
こちらはパスしても良かったかも。  
  


 

この写真のちょうど真ん中あたりが、今回泊まったキャンプ場。
ちょっと水はけが悪かったり、古いタイプのトイレが1か所しかなかったり、
いろいろと残念な点もあったけど、ロケーションは最高。
河原で遊べるのも花丸。
 

 
展望台へ向かう途中にはペンションやプチホテルがたくさんあって、
その中の1軒にカモシカのオブジェ?と思ったら本物!!
 

 
      *

展望台からの景色を楽しんだ後は、安曇野へ。
まずは有名な「大王わさび農場」から。

 



 
前日の雨の影響で、この日に観光客が殺到したらしく駐車場は満杯。
でも、入ってしまえば場内は広いのでそれほど人は気になりません。
天気が良すぎて気温も上がっていたので、日陰を選んで散歩。
わんこもたくさん来てたけど、ちょっと暑かったね。

人気のわさびソフトとわさびコロッケには長ーい行列ができてました。
我が家も並んでわさびソフトとわさびコロッケバーガーをゲット。
葉っぱもパリパリでイケる!
どちらも思ったほどわさびの味は強くなくて、美味しくいただきました♪

 



わさびが育つのは水が綺麗な証拠。
珍しい川トンボの舞も見ることができてラッキー!

 

 
本当は、このあと安曇野観光をする予定だったけど、
あんまり暑いのでナギのことも考えて断念。

 

 
調べたら道の駅の隣にひまわり畑があったので、買い物がてら寄ってみたけど
さすがに終わりかけ。。

 
        

なぜか1本だけ枝咲きのひまわり発見♪
他のが首をかしげてる中、とっても元気!
それだけで、なんとなく得した気分。ありがと。

これで2015年の我が家の夏休みは、おしまい。
 
| テクテクもぐもぐ | 01:55 | comments(0) | - | pookmark |
日にちが開いてしまいましたが・・・
2015年8月17日(月) 夏休み旅行のつづき


目覚めると、昨夜から降り続いた雨の音。
それほど強くはないけど、天気予報によると夕方まで止みそうもなし。

元々2日目はパラグライダーの予定だったので、白紙状態。
来る途中の道の駅の観光案内コーナーでいただいた
「白馬わんわんマップ」と、家から持ってきた 雑誌を参考に
本日のスケジュールを考えます。

白馬周辺にはペットと楽しめる場所がたくさんあるけど
雨となるとちょっと難しそう。
結局 街めぐりを兼ねてドライブすることにしました。
 



まずは昨日 空から見た『白馬ジャンプ競技場』へ。
ノーマルヒルとラージヒル、よく見ると角度の違いが分かります。
雨なので誰もいなかったけど、普段なら練習してるのかな。

長野冬季オリンピックの伝説のジャンプは
ここで生まれたんだと思うと、ちょっと感慨深いものがあります。
 



次に向かったのは『大出の吊り橋』
散策コースもありますが、足元も悪いので
入り口の橋の上から景色を眺めておしまい。
 


雨宿りを兼ねて少し早めのランチタイムは、『キッチン シェフ』にて。
三角屋根が目印の洋食やさんで、店内わんこOK。
中は結構広く、看板犬見習いの黒いフラットさんが出迎えてくれました。

生地から手作りのピザもパスタも とっても美味しかったです♪
 



そのあとはさらにドライブ。
観光案内コーナーのお姉さんおススメの楠川を横切る道を走り、
途中でUターン。

キャンプ場に戻ったころには雨もあがってラッキー♪
すぐに松川の河川敷に散歩へ。

白馬大橋は想像よりは小さかったけど、周りの景色は素晴らしい!!
足元は石がゴロゴロしていて歩きにくいのも気にせず、
行ったり来たり水をのんだり、ゴキゲンさんのナギ。


 
     


テントに戻ると、ナギが綺麗な模様のセミを発見。
あとで調べたら『エゾゼミ』の仲間みたい。
聞きなれない鳴き声と思ったけど、大阪の山間部にもいるようです。
 


散歩の後は、またまた倉下の湯に行って、
晩御飯はカレーを作って、早めに就寝。
2日目、終了〜

(つづく)
 
| テクテクもぐもぐ | 02:33 | comments(0) | - | pookmark |
季節感は全く無視して
2015年8月16(日)〜18(火)のこと
 
白馬アルプスオートキャンプ場を拠点に
初日は予定を前倒ししてパラグライダーで空中散歩。
2日目は雨の中をドライブ、
3日目は安曇野に立ち寄り、夏休みを満喫しました。
 


パラグライダーは、夫婦ともに 以前からやってみたかったこと。
白馬に着いた10時頃は まずまずのお天気だったけれど、天気予報では午後から下り坂。
2日目の予約を変更してもらって、すぐ飛ぶことになりました。

最初の予定ではナギ父とナギ母が交代で飛ぶことにしていたけど
スタッフさんの提案でふたり同時に飛び、
その間ナギは事務所の裏手で待たせてもらうことになりました。
 


今回体験したのはタンデムフライト。
プロのインストラクターさんと一緒だから安心です。
ゴンドラで標高1500メートルのアルプス平ゲレンデに移動して、いざテイクオフ!
 
     

ひゃっほ~~~~♪♪♪
 


インストラクターさんが写真を撮りやすいように寄せてくれたり、
観光ガイドもしてくれます。
 

 

 


長野オリンピックの舞台となった、白馬ジャンプ競技場も見えました

 


感覚としては巨大なブランコに乗っている感じ。
とにかく ゴキゲンな10数分の空中散歩でした。
 


ナギはスタッフのお姉さんが時々様子を見にきてくれたようで、お利口に待っていました。
いろいろと親切にしていただいて、感謝です。
ちょっと遠いけど、いつかまたここで飛びたい!

          *
 


ランチは、信州に来たらお蕎麦でしょうということで、
白馬信州そば処『呑者屋(飲んじゃえ)』というお店へ。

広い店内もペットOKだけど、さっき空から見た雄大な景色を今度は地上から見て
ウッドデッキでいただきました。
色白のお蕎麦はもちろんウマウマ♪
ふき味噌をつけて食べるお焼きが また素朴で美味しい〜

          *

この後はスーパーマーケットで買い物をして、キャンプ場へ。
雨が降る前に急いでテントを設営です。
日曜なので、宿泊する人も少なく のんびりできて快適。

設営が済んだらキャンプ場のすぐ傍を流れる松川の遊歩道を散歩して、
少しだけ河原にも下りました。

お風呂は車で5分ほどの「倉下の湯」へ。
湯治客が来るほどの人気の温泉で、規模は小さめだけど とってもいいお湯。

降り出した雨音をBGMにBBQをして、早めに就寝。
1日目終了。

(つづく)
 
| テクテクもぐもぐ | 03:15 | comments(0) | - | pookmark |
 
2015年12月12日 どようびのこと


休日に車を出す気配を感じると、自分も連れて行ってもらえるのか
耳レーダーで必死に探ってる黒い奴。
11月はお出かけできなかったので、この日は近場でお散歩に行くことにしました。

初めての光明池。
駐車場に着くや否や興奮モードのナギは、先を急ぎたくってカメラを向けても渋い顔。





シンボルの橋を渡って、




池の周りをぐるっと歩けば
とっても気持ちのいい散歩コースです。
       
        


芝生広場が何か所もあって、ご機嫌で爆走〜〜


最近は走ってもすぐおしまいってなるのに、
この日は本当によく走りました。
動画も撮ったんだけど、UPの仕方が分からない、、、(汗)


走ったあとは、まったりと。



     


今度は、紅葉真っ盛りの頃に来ようね♪

| テクテクもぐもぐ | 00:49 | comments(0) | - | pookmark |
 2015年10月25(日)・26(月)

1日目、気比の松原から若狭湾に沿ってドライブ、舞鶴で車中泊。の続き。
2日目は丹後半島を反時計回りにぐるっと走ります。

まずは日本三景のひとつ『天橋立』へ。
朝の8時半頃なので人も少なく、松林をゆったり散歩。


廻旋橋、大天橋を渡って天橋立神社まで歩いたところでUターン。
『天橋立ビューランド』へ向かうことに。

ここではゴンドラはダメだけど、リフトならナギもOK。
上りのリフトで、「ナギ〜」って呼んだら振り返ってカメラ目線。
ちゃんと手摺りを持ってるのがツボ!



さあ、股のぞきナギもやってみよ〜
ムチャぶりしてみました(笑)



股のぞきして見える景色が「飛龍観」
龍が天に舞い上がっているように見えるところから付いたとか。



ビューランドは小規模ながら遊園地になっていて、地元の小学生の遠足に混じって散策。
飛龍観回廊からの景色を楽しんだ後は『日本三文殊 智恩寺』に戻ります。


せっかくの「知恵の輪」だけど、これ以上ナギの悪知恵がはたらかぬよう
3回くぐる(実際は頭を突っ込む程度で良いそうな)のは遠慮しとこ(爆)



次に向かったのは『伊根の舟屋』
1階が船のガレージ、2階が居住空間という独特の家は、まるで海に浮かんでいるかのよう。



朝ドラの舞台になった「向井酒造」で、ナギ父はお目当ての赤米酒を購入。
こちらの娘さんは大の犬好きらしく、ナギのこといっぱいなでてくれました。



少し高台に移動して、道の駅『舟屋の里 伊根』からの風景。
舟屋の並ぶ伊根湾が一望できるデッキには、観光客もたくさん来てました。



ここで、1枚のポスターが目にとまり、スマホに保存。



『Italian Bar PIENO(イタリアンバール・ピエーノ)伊根店』

調べてみると、大阪で有名なお店の系列店らしい。
場所はちょうど次の目的地へ行く途中なので、ランチはココに決定♪
浦島神社のすぐ近くの浦島館という建物の中にあります。


ドーナツ型の建物の中央部がテラス席。この日は少し肌寒かったので
座布団とひざ掛けを貸してもらいました。
景色は楽しめないけれど、地元の新鮮でこだわりの食材を使ったお料理は、超美味!!
都会だと倍ぐらいのお値段でも不思議ではないくらい。

オーナー夫妻はナギを見て大歓迎してくれて、とても可愛がってもらい、
ここでしか育たない珍しい小豆を使ったデザートの試食までさせていただきました。
甘さ控えめな餡とパイ生地がよく合って、これまたウマウマ♪

ポスターに載せてるのは夫妻の愛犬で、13歳になる雌の四国犬なのだそうです。
日本犬気質すぎて看板犬には向かないという彼女の武勇伝(?!)も披露してもらい
とても楽しい時間でした。
今度は是非 筒川蕎麦を食べに行きたいです。



お腹がいっぱいになったところで、次に目指したのは近畿の最北端に建つ
『経ヶ岬灯台』。



駐車場に着くと、灯台まで歩いて400メートルの案内が出ていたので
それぐらいならと山道を登り始めたものの、日頃の運動不足がたたってキツかった(汗)


全国で5台しかないというレンズは、とても貴重なものらしい。

     


途中の道の駅で買い物をし、
この日の最後は観光案内サイトで夕日の美しい海岸と紹介されていた場所に
行ってみることに。


あと40分ほどで日の入りです。
枕木の遊歩道が続いていて、散歩にはもってこい。
ベンチがあるだけで、他には何もないとこがまた良いんだな〜


波の怖いナギだけど、砂浜ダッシュでひと暴れ。


あいにく雲が多い。 夕日、見えるかな。


だんだん暗くなってきます。






まんまる夕日ではなかったけど、刻一刻と変化する空と海の輝きは
とても幻想的でした。


     


観光地めぐりも楽しかったけれど、
旅の締めくくりにココに来て良かった。
明日からもまたがんばろう〜〜


| テクテクもぐもぐ | 01:25 | comments(0) | - | pookmark |

2015年10月25(日)・26(月)

ナギ父の会社が臨時休業になったので、急きょ休みを調整して
若狭湾から丹後半島をぐるっとドライブすることに。
車中泊ポイントをチェックして、あとは行き当たりばったりの旅です。


お天気に恵まれ、いっぱい観光してきました。


          * * *

まずは日本三大松原のひとつ『気比の松原』へ。
ドライブの疲れを取るため広い松林を軽く散歩。
今年の4月に三保の松原へ行ったので、いつか虹の松原へも行けたらいいな。






次は『三方五湖レインボーライン』へ。

山頂公園へのケーブルカーは、中型犬までOK。
ナギはちょっと緊張気味?


公園に着くと三方五湖がきれいに見えます。
360度の大パノラマで、どの方向からも綺麗な眺め。







恋人の聖地として鍵がいっぱいかけられていたり友好の鐘があったり
他にもいろいろありました。




レインボーラインを抜けて小浜まで走り、なんとなく目についた小浜食文化会館へ。
ナギには留守番をしてもらって、ここの2階で若狭塗り箸をお土産に。

ランチは向かいの『濱の四季』。少し混んでたけど待って正解。
地元の女性たちが切り盛りしていてアットホームな感じだけど味は本格派。
食材が新鮮でおいしかった〜♪



さらに少し走って『明鏡洞』へ。
波が荒く、なかなかの迫力。

隣のビーチでは大勢のサーファーたちが楽しんでました。
ナギはお約束の穴掘りでーす。




海岸に沿って気持ちのいいドライブを続け、舞鶴に到着。
ちょうどイベントをしていて、赤れんが博物館は入場無料。ラッキー♪



現役のクラシックカーが大集合していて、ナギ父は大喜び。



赤れんがパークではフェスタが終わって一段落したところ。
いろいろブースも出てたみたいなので美味しいものを食べ損ねたのは残念だったけど、
写真はゆっくり撮れました。
映画やドラマでもよく使われるという赤れんがロードをぐるっと一周。








暗くなり始めたので、この日は道の駅「舞鶴港とれとれセンター」で車中泊に決定。
移動して、海鮮丼を食べて、おやすみなさい〜


(つづく)


| テクテクもぐもぐ | 01:05 | comments(0) | - | pookmark |
前回の更新が今年のお正月。
こんな放置ブログを忘れずに覗いてくれた皆様に、お詫びと感謝を。
いろいろとご心配をおかけしましたが、心機一転 再開します。

実は昨年11月に私自身が交通事故に遭い、10日ほどで仕事に復帰してからも
体調はイマイチで、暫く大人しくしていました。
春先に我慢が出来なくなって、おでかけ再開。
ほぼ元通りになった今は遊びまくってます(笑)

ただ、ネタはあるのに写真の整理が面倒でUPは一日延ばしに・・・(汗)
事故前の分も含め、このままでは溜まる一方なので、
最近のものから遡る形でがんばる、予定〜

休んでいる間に、ナギは8歳になりました。
胸や頭など黒毛に白いものが目立ち、実年齢より老けて見られることも
あるけれど、相変わらず元気にしています。


---------- * * * ----------


2015年10月18日  にちようびのこと


堺の大浜公園に初めて遊びに行きました
テニスコートや野球場など、スポーツ施設が充実しています。
本格的な相撲場もありました。力士を模った門扉がお洒落〜



蘇鉄山(一等三角点のある日本一低い山)に登ったり、
樺太犬たちと一緒に写真を撮ったりしながら、ナギは上機嫌。



お猿さんもたくさんいます。
ナギも子ザルもお互いに興味津々。
あまり刺激してはいけないので、すぐに離れました。






金木犀の香る中、公園を抜けて、
ゆっくり歩いて海へと向かいます。



旧堺灯台。 木製で、小さくて、かわいい♪
          

          ちょびひげナギも、可愛いよ♪



秋晴れの午後、楽しいさんぽでした。
また行こうね〜




| テクテクもぐもぐ | 01:02 | comments(2) | - | pookmark |
 2014年7月10日(木)

台風の影響で、昨夜から本降りの雨です。
前日、動線の無駄を承知で紫竹ガーデンに行っておいてよかった。
予定通り この日にしていたら、雨の中の散策になるところでした。

天気予報で最新の台風の進路図を確認すると、
最悪の場合フェリーが欠航してしまう可能性がでてきたので、
1日早く切り上げることに決定(泪)
体験牧場でお馬さんと触れ合ったり、温泉でゆっくり・・・は、
次の楽しみに取っておく事にして、今晩のフェリーに乗るために
函館まで一気に戻ります。


帯広を通るなら是非とも行ってみたい、ということで
いきなり寄り道したのは『六花亭 本店』
正味時間3時間ゆえに此処でしか食べることのできないのサクサクパイをイートイン。
お味はもちろんgood♪  珈琲はサービスなのも嬉しい〜♪



それからはひたすら走って、由仁PAで休憩。
ちょうど雨が止んでいたのでドッグランでナギを放牧したあとに
スタンドで売っていた夕張メロンを食べました。

この大きさで300円! 完熟で最高に甘〜〜い♪
皮ギリギリまで食べちゃった。超おススメです!
(他では半分ぐらいの厚さで250円でした)



さらに走って、有珠山SAで休憩。
手づくり感のあるドッグランがありました。


丘陵地帯にあるので眺望抜群、遠くに昭和新山が見えます。
こだわりの醤油ラーメンも、全面ガラス張りの窓から景色を楽しみながらいただきます♪




ようやく函館まで来ました。
できれば五稜郭や函館山に行きたかったけど、小雨模様なのでパスして
元町とベイエリアを散歩です。











   

このあと、下調べしていた わんこOKの海鮮やさんに行ったけど、
お店の電気が点いてるのにガラス戸の鍵がかかっていて、呼んでも返事が無い。
最後に思う存分食べるつもりだったのに、、、残念。

結局この日の夕食は、フェリー乗り場の売店で買ったお弁当となりました。



          *

行きと同じく津軽海峡フェリーを利用。
22:05函館発 − 1:45青森着 「びなす」

もう1匹わんちゃんがいましたが、プライベートドッグルームを利用されたため
一般のドッグルームは我が家の貸切でした。
ブルーマーメイドと違って、甲板ではなく室内だし、テーブルやイスもあるし、快適♪

お試しでナギも備えつけのゲージに入れてみました。
ぴったりサイズ。伏せると少し窮屈かも。

ここで仮眠をして、ゆっくり過ごしました。



フェリー内で 日付が変わって
2014年7月11日(金)

青森に着いてからは、来た時と同じルートを通って、我が家を目指します。

雨が降ったりやんだり、強くなったりの中、
休憩しつつ、ナギ父のがんばりで23時頃 無時帰宅。




定休日に泣かされたり、台風接近で予定を変更したり、
いろいろ想定外の事もあったけど、楽しかった〜♪

7月の北海道は、本当にお花がいっぱいで素敵でした。
次は秋に行きたいな〜
強く願えば、いつかは叶うかも?!


大阪から北海道まで、犬連れ旅。
これにて、完。

| テクテクもぐもぐ | 01:24 | comments(2) | - | pookmark |
 2014年7月9日 (水)

この日は大型台風接近の影響で、夕方から天気が崩れ、夜は大雨の予報。
元々適当な場所で車中泊の予定だったけど、ちゃんとした宿に
泊まる方がいいだろうということになり、前日から探し出したけど 確保できず(汗)

朝になって押さえることができた宿は、 思っていた地域では無かったので
あわてて計画見直しです。


まずは、どうしても行きたかった北海道三大秘湖のひとつ「オンネトー」に
やってきました。
周囲約2.5kmの小さな湖で、訪れる観光客も少なくとても静か。
季節や角度によって変わるという、エメラルドグリーンやダークブルーが
混ざり合った湖面がキラキラ輝いていて、透明感があります。


湖の周りを半周ほど散歩しました。
清々しい空気が嬉しいのか、ナギもいい笑顔。

雲が晴れ、雌阿寒岳と阿寒富士もくっきり。
途中は想像以上の悪路で、時間もかかったけど、行って良かった♪


この旅の途中、牛の放牧は幾度か見かけました。
牛さんたちがのんびり牧草を食んでますが、車からは距離があり、ナギは無反応〜



この日のランチは、帯広名物・豚丼を食べようと適当にお店を探したのですが、
ことごとく定休日(泪)
ついてないなぁ〜
結局、足寄の道の駅のレストランで、千春に浸りながらいただきました。
(デビューレコード、持ってます)




ここでちょっと余談ですが、
1年ほど前から、ナギは車に乗る時、運転席側の後部座席のヘッドに引っかけた
ドライブボックスに入ってます。この中に立つと外が良く見えるので、ごきげんさん。

今回の旅は移動が長いので、主に午前中はドライブボックスで、
午後からは安定して眠ることができるよう、ベッドに取り替えました。


ただ、なぜか車に残して食事をして戻ってくると、
ほぼ100%運転席で爆睡してるんです。
・・・置いて行かれたことへの、ささやかな抵抗の表れなんでしょうか?

     



さて、次に訪れたのも楽しみにしていた場所のひとつ、
ガーデン街道の中でも ワンコOKの『紫竹ガーデン』

野の花が自由に咲く庭作りをしたいとオーナーさんが語るテレビ番組を見て、
ずっと憧れていたのです。


小雨が降りだしていましたが、閉館時間も近く人も少なかったので、
ナギにがんばってモデルをしてもらいました。









ショップにオーナーさん発見。 トレードマークの帽子がよくお似合い♪
          ⇓

滞在時間は40分ほど。
もっと居たかったけど、宿のチェックインに間に合わないので急いで向かいます。



この日の宿は、『十勝まきばの家』
本来はお料理が高級で手が出ないような素敵なコテージなのですが、
急遽だったので食材が手配できないが素泊まりならばOKということで
受けてもらいました。


夜半は台風の影響で雨脚もかなり強くなり、
車中泊ならとてもではないけれど落ち着いて眠れないところでした。


翌日も朝から雨だったので利用できなかったけど、広いドッグランもあり、
犬連れに優しい施設でした。
アクティビティも豊富なようなので、いつかぜひ、リベンジしたいです!

     


(つづく)

| テクテクもぐもぐ | 01:40 | comments(0) | - | pookmark |
 
思わぬアクシデントに遭い、北海道旅行記を中断せざるを得ませんでした。
ようやく落ち着いたので、年内に完結できるよう、がんばります〜(汗)


          * * *



2014年7月8日(火)続き

中富良野から美瑛へ向かう途中、『四季彩の丘』に寄りました。
時間はちょうどお昼頃。北海道とはいえ、さすがにこの時間帯は暑い。

ナギも疲れていたし、園内は影がなさそうだったので、
ナギ父と交代で ささっと見ることにしました。



入ってみると想像以上に広くて、丘を利用した花畑がきれい〜〜!!
広さを活かして、ダイナミックな植え付けです












お花のグラデーションを堪能したあとは、少し回り道をして
『ジェットコースターの路』を走ります。


緩いアップダウンに続いて、まっすぐ急降下するように走り抜けるのは爽快そのもの!
ほんもののジェットコースターに乗ってる気分で楽しい〜♪♪♪
途中の交差点をはさんで、およそ4キロほどあるそうです。



両サイドの景色も、のどかで広大で、気持ちいい〜
大空と大地の交わる場所は、どこを切りとっても絵になります。




そろそろはらぺこ。
ここからほど近い、ランチに目をつけていたお店は、運悪く定休日(泪)
こんなことだったら富田ファームの後に「富良野カレー」を食べておくべきだった・・・
結局、道の駅で「びえいカレー」を美味しくいただきました。

            

路の駅の特設コーナーでボランティアさんに美瑛の見所を教えていただき、
詳しいロードマップもゲットして、「丘めぐり・木めぐり」に出発〜


まずは「ケンとメリーの木」
ぽつんと立っていて、遠くからでも目立ちます。


「セブンスターの木」
りっぱな木で、木陰はひんやりして心地いい♪


セブンスターの木の近くの丘は電柱電線などがなく、麦畑広がるシンプルな光景です。
平日なので観光客も少なく、時間に余裕があればもっと  のんびり過ごしたいところ。



「親子の木」


マイルドセブンの丘」


直径1.5mほどある「牧草ロール」が不規則に並んでる風景。なんかツボ♪
北海道ではあちこちで目にしたけど、ここが一番好きかも。




パッチワークの路エリアに続いて、パノラマロードを抜け、
少し脚を伸ばして『青い池』へ。

立ち枯れのカラ松の木が不透明な水面に映り、とても幻想的です。
この青は「ビエイブルー」と呼ばれているのだとか。


まるで水中に空があるみたい〜






さて、本日のお宿は深山峠近くの『洋風民宿 ひつじの詩』
宿泊できるのは3室のみで、宿主ナオコサンが1人できりもりしています。

自身で飼っているセッター達のほかに、保護した犬猫たちのお世話もしたり、
糸を紡いで編み物をしたり、こだわりの窯でパンを焼いたり、庭仕事をしたり、
とってもパワフルで器用な方でした。


でてきたお料理は、どれも最高に美味しかったです!



次の日は雨の予報だったので、急遽連泊できないかと訊いてみたら、
あの まさはる君の予約が入っているのでゴメンナサイということでした。
何年か前にも まさお君が泊まったのだそうです。


後日、ぽちたまの放送日、宿のシーンは少なかったけど
ニアミスしたことで ワーワー言いながら見ました!
会いたかったな〜


同宿した、ダックスちゃんの飼い主の東京から来られたご夫婦は、
北海道1周17日間の旅の最終日ということでした。

宿のドッグランで色々とお話を伺ったのですが、キタキツネはじめ
エゾ鹿・エゾりす・丹頂鶴・クマの母子などの野生の動物に遭遇したとのこと。
良いな〜良いな〜  
結局我が家は無縁でした。。。


(つづく)

| テクテクもぐもぐ | 01:51 | comments(0) | - | pookmark |