<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 若狭・丹後 海岸巡りの旅 〜 1日目 〜 | Main | わんこまみれの一日 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 2015年10月25(日)・26(月)

1日目、気比の松原から若狭湾に沿ってドライブ、舞鶴で車中泊。の続き。
2日目は丹後半島を反時計回りにぐるっと走ります。

まずは日本三景のひとつ『天橋立』へ。
朝の8時半頃なので人も少なく、松林をゆったり散歩。


廻旋橋、大天橋を渡って天橋立神社まで歩いたところでUターン。
『天橋立ビューランド』へ向かうことに。

ここではゴンドラはダメだけど、リフトならナギもOK。
上りのリフトで、「ナギ〜」って呼んだら振り返ってカメラ目線。
ちゃんと手摺りを持ってるのがツボ!



さあ、股のぞきナギもやってみよ〜
ムチャぶりしてみました(笑)



股のぞきして見える景色が「飛龍観」
龍が天に舞い上がっているように見えるところから付いたとか。



ビューランドは小規模ながら遊園地になっていて、地元の小学生の遠足に混じって散策。
飛龍観回廊からの景色を楽しんだ後は『日本三文殊 智恩寺』に戻ります。


せっかくの「知恵の輪」だけど、これ以上ナギの悪知恵がはたらかぬよう
3回くぐる(実際は頭を突っ込む程度で良いそうな)のは遠慮しとこ(爆)



次に向かったのは『伊根の舟屋』
1階が船のガレージ、2階が居住空間という独特の家は、まるで海に浮かんでいるかのよう。



朝ドラの舞台になった「向井酒造」で、ナギ父はお目当ての赤米酒を購入。
こちらの娘さんは大の犬好きらしく、ナギのこといっぱいなでてくれました。



少し高台に移動して、道の駅『舟屋の里 伊根』からの風景。
舟屋の並ぶ伊根湾が一望できるデッキには、観光客もたくさん来てました。



ここで、1枚のポスターが目にとまり、スマホに保存。



『Italian Bar PIENO(イタリアンバール・ピエーノ)伊根店』

調べてみると、大阪で有名なお店の系列店らしい。
場所はちょうど次の目的地へ行く途中なので、ランチはココに決定♪
浦島神社のすぐ近くの浦島館という建物の中にあります。


ドーナツ型の建物の中央部がテラス席。この日は少し肌寒かったので
座布団とひざ掛けを貸してもらいました。
景色は楽しめないけれど、地元の新鮮でこだわりの食材を使ったお料理は、超美味!!
都会だと倍ぐらいのお値段でも不思議ではないくらい。

オーナー夫妻はナギを見て大歓迎してくれて、とても可愛がってもらい、
ここでしか育たない珍しい小豆を使ったデザートの試食までさせていただきました。
甘さ控えめな餡とパイ生地がよく合って、これまたウマウマ♪

ポスターに載せてるのは夫妻の愛犬で、13歳になる雌の四国犬なのだそうです。
日本犬気質すぎて看板犬には向かないという彼女の武勇伝(?!)も披露してもらい
とても楽しい時間でした。
今度は是非 筒川蕎麦を食べに行きたいです。



お腹がいっぱいになったところで、次に目指したのは近畿の最北端に建つ
『経ヶ岬灯台』。



駐車場に着くと、灯台まで歩いて400メートルの案内が出ていたので
それぐらいならと山道を登り始めたものの、日頃の運動不足がたたってキツかった(汗)


全国で5台しかないというレンズは、とても貴重なものらしい。

     


途中の道の駅で買い物をし、
この日の最後は観光案内サイトで夕日の美しい海岸と紹介されていた場所に
行ってみることに。


あと40分ほどで日の入りです。
枕木の遊歩道が続いていて、散歩にはもってこい。
ベンチがあるだけで、他には何もないとこがまた良いんだな〜


波の怖いナギだけど、砂浜ダッシュでひと暴れ。


あいにく雲が多い。 夕日、見えるかな。


だんだん暗くなってきます。






まんまる夕日ではなかったけど、刻一刻と変化する空と海の輝きは
とても幻想的でした。


     


観光地めぐりも楽しかったけれど、
旅の締めくくりにココに来て良かった。
明日からもまたがんばろう〜〜


| テクテクもぐもぐ | 01:25 | comments(0) | - | pookmark |
| - | 01:25 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT